「Windows」カテゴリーアーカイブ

Windows

今「TLS 1.0/1.1 を無効化」が旬

マイクロソフトのページに
「2018 年 10 月 31 日をもって、Microsoft Office 365 は、TLS 1.0 と 1.1 のサポートを終了します」
・・・という記事を発見しました。

なにげにクラウドサービスやネットショッピングやネットバンクを利用していますが
それを陰で支えているのは暗号化通信のプロトコルです。
Webブラウザのアドレスバーに鍵のアイコンがその印です。

ユーザーが通信を行うにあたり、より安全を期する為に暗号化通信のプロトコルSSLは生まれました。
その後、脆弱性が発見されては、より安全を目指し
SSL1.0⇒SSL2.0⇒SSL3.0⇒TLS1.0⇒TLS1.1⇒TLS1.2
と変遷してきています。

で、今「TLS 1.0/1.1 を無効化」が旬です。

「Yahoo! JAPANでは、より安全に弊社ウェブサービスをご利用いただくために、
2018年6月1日以降、インターネット通信暗号化方式「TLS1.0」および「TLS1.1」
のサポートを順次終了いたします。」という記事もありました。

要するに、TLS 1.2以上を利用できないブラウザや端末ではサービスを利用できませんよ
ということになります。

当の弊社サイトも「TLS 1.0/1.1 を無効化」の案内がサーバー管理会社からありました。
見れなくなった折にはTLS 1.2を思い出してください。わかりやすい対処を書いているのはYAHOOのサイトです。参考にどうぞ。
https://security.yahoo.co.jp/news/tls12.html

ハードディスクに不良ブロック発見

開発に使っているマシンがある日から起動にすごく時間がかかるようになりました。
スイッチONから1時間たっても、クリックする都度すごく考え込んでくれて反応なし。
約2時間経過し普通に使えるように・・・なったかと思ったらまた反応が返ってこない。
イベントビュアーを見ると「・・・不良ブロック・・・」
 
これかも。
 
チェックディスクで回復図るか。
  ■ファイルシステムエラーを自動的に修復する
  ■不良セクターをスキャンし、回復する
再起動してがんがんチェックしてくれるかと思いきや、さらりと終わる。
 
 
悩む時間もったいないのでcrucial(クルーシャル)のSSD買ってきました。
これに交換し新規インストール。
快適です。

Win7 Proクリーンインストール更新確認終わらない

【現象】
Win7 Proをクリーンインストール後、
更新の確認をするも10時間たっても終わらない。
C:\Windows\にupdateログがある。みると最初の10分くらいで止まってる。

【解決】
一旦、上記現象で強制終了し再起動後
Windows6.1-KB3138612-x64.msuをインストール(こちらの環境は64ビット)
再起動
⇒更新の確認押して数分後に、確認終了。ダウンロードボタン押下できました。
同様の現象で困っている方、自己責任でどうぞ。

Microsoft BizSpark チームからリマインダーメール

Microsoft BizSpark チームからリマインダーメール
「あと6か月で退会」というのが来てまして備忘録代わりにメモ。
早いものでMicrosoft BizSparkに入会し早3年が近づいています。BizSparkの特典のひとつは3年間MSDN サブスクリプションでWindowsやVisualStudioなどのソフトウェアを無償で利用できるというものです。(資格条件あり。内容も変わるかも知れないのでご覧になった方は最新内容をチェックしてください。)
メールには、「退会後もソフトウェアを、引き続き開発およびテスト用にご利用いただけます」とのこと。とてもありがたい。(しかしほぼ毎年新しいソフトが出るので、次出たら買わなくちゃ)

 

さらに。
「BizSpark プログラムからの退会に際してお支払いいただいていた 100 ドルの退会費用につきましては、お支払いを免除させていただくことになりました。」
(えっ退会費用がもともとあったの)
とりあえず支払免除という言葉もありがたい。

VisualStudio2013 & SQLServer2014インストール

2014年06月21日
VisualStudio2012 & SQLServer2012をインストールしている
開発環境を新しくしようとしたときの顛末。(Windows7 pro環境)

ゴールはVisualStudio2013 Standard & SQLServer2014 Expressインストールです。

1、SQLServerと名のつくもの全てアンインストール

2、SQLServer2014 Expressインストール

3、Visual Studioと名のつくもの全てアンインストール

4、VisualStudio2013をインストール・・・する前にSQLServer2014ManagementStudio起動確認
  ・・・起動しない!3でSQLServerに必要なモノもアンインストールしてしまった。
コレ↓
Microsoft Visual Studio 2010Shell
Microsoft Visual C++2008 Redistributable x86
Microsoft Visual C++2010 x64 Redistributable
Microsoft Visual C++2010 x86 Redistributable
Microsoft Visual C++2010 x64 Runtime

消してはいけません。けっして。ココ重要。
1⇒3⇒2⇒4でやりなおしました。無事起動を確認。

Windowsストアアプリに広告をつけようとして失敗

2014年04月30日
Windowsストアアプリに広告をつけようとして失敗

なれた手順でいつものとおり
Microsoft Advertising pubCenterにログインし、
新規広告作成して、アプリケーションIDと広告ユニットIDをメモし、

あとはVisualStudio側での作業
下記のタグをXAMLに貼り付け(タグのマークは取ってます)

  UI:AdControl ApplicationId=”アプリケーションID” AdUnitId=”広告ユニットID”      
  VerticalAlignment=”Center” HorizontalAlignment=”Left” Height=”90″ Margin=”569,10,0,-120″   Grid.Row=”2″ HorizontalAlignment=”Center” Width=”728″

XAML先頭の方にはusing:Microsoft.Advertising.WintRT.UIを貼り付け
リビルドすると、
あれ
あれれ
「AdControlをコレクションプロパティ Childrenに追加できません」というエラー。
30分XAMLとにらめっこ。

単純にMicrosoftAdovertising SDKを参照設定していなかっただけでした。
いつもやってるのに。手順書確認は大事。


Windows8(またはWindows8.1)上での業務アプリ開発の考察

2014年04月22日
Windows8(またはWindows8.1)上での業務アプリ開発の考察

Windows8(またはWindows8.1)タブレットを業務利用するには
どういう作りが良いのだろうかと、作り手目線での実験&考察してみました。

工場内無線LANを利用し構内をタブレットを持ち歩く場面。
あるいは店頭でお客様と対話しつつ、画面を見せつつ手続きをすすめる場面。
すなわち、キーボードを付けない場面を想定します。(キーボードは持って歩きにくい)
ということは、ソフトキーボードで入力する。(すると画面の下半分はキーボードで隠れる)
ということは、入力欄を上半分にする。もしくは下半分の入力時に、入力項目を持ち上げる。

Windowsストアアプリとして作ると、コードで書いて入力項目を持ち上げることができます。
ですが、サーバーとデータのやり取りをさせる部分の実現が結構ヤヤコシイ。

なのでASP.NETで作成したWEBアプリを使い、タブレットで入力実験してみました。
これならサーバーとデータのやり取りは問題ないので、後は画面下半分の入力項目の問題のみ。

Windowsのタイルから起動する方の Internet Explorer11を使います。
(もうひとつはデスクトップから起動できる Internet Explorer11。こちらではありません)
下の方にある項目に触れると Internet Explorer が勝手に入力項目を上に押し上げて
入力しやすい位置に持ってきてくれます。入力は不自由しませんが、JavaScriptで呼び出す子画面が出せませんでした。
そもそもポップアップブロックを制御するオプションが見当たりません。
(デスクトップ起動のIE11にはあります。)

まとめると
持ち歩くタブレットを業務利用するには、ポップアップを使用しない設計でASP.NETで作り込むという方法が
手堅いなと考えた次第でした。(あくまでも作り手目線での考察です)

ポップアップについて、どなたか良い方法ご存知ですか?