Blazor始めました。その1


これまで20年近くASP.NET Webフォームで企業さまの
社内〇〇管理システムを作ってきました。(数多くはナイケド)
イベント・ドリブンで処理を書けて、GRID等コントロール充実し
ており開発効率の高さを実感していました。

 

一方で.Net1系、.Net2系、.Net4系でそれぞれつくりが異なり、

それごとに開発ヒナ型や開発標準をつくる苦労がありました。
.Net4系でその作り方も落ち着いてきたので、さらなるブラッシュアップをと思いきや、・・・
Blazorの出現です。Blazor現る!
(MVC出現時はスルーしてました。開発効率よいのかコレと感じて。)

 

Microsoftは、これを推してると理解しBlazorを触ってみました。
コード分離できるし、イベント・ドリブンでコード書けるし。
これはわかりやすい、チーム開発するうえでも開発標準を作りやすいぞと。

 

ちなみにBlazorは2種類あります。WebAssemblyとBlazor Server。後者のBlazor Serverを選択しました。これまでやってきたWebフォームにイメージが近いと判断。

 

 

.NET 5で動作させてます。
.NET 5は「.NET Framework」と「.NET Core」フレームワークを統合し、その後継となるオープンソースのフレームワークだそうです。いわゆるクロスプラットフォーム(Windows、macOS、Linux)ですが
当方、クロスプラットフォームにはまったく興味ありません。
Windows Server一択なので。


言語はVB.NETからC#に変わるがやむを得ん。
VisualStudioの強力なIntelliSenseからは離れられない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA