「WORDPRESS」タグアーカイブ

WordPressでプラグインを更新後「500 エラー」

またやってしまいました。バックアップせずにWordPressでプラグインを更新。
更新通知があったので気軽に更新クリック。(バックアップせずに)
サイトは真っ白け。管理画面にも入れません。

「・・・ページは機能していません。
 ・・・では現在このリクエストを処理できません。
 HTTP ERROR 500」
 
まずは、コーヒーを飲む。
 
その後、解決。ネット情報では「PHPバージョンを疑え」
レンサバの管理画面に入りPHPバージョンチェックすると
古くて非推奨バージョンでした!
(しばらく更新してなかった事を反省)
 
プラグインと相性悪かった?即、推奨バージョンに変更。
するとサイトも開いた。管理画面も開いた。良かったー。
(バックアップせずに更新した事を反省)
 
※同様の事象に困っているみなさん自己責任で。

 

バックアップは重要(再)

バックアップは重要(再)と何度もいってるのに!
・・・と自分に叱る。

WordPress4.3.1の更新通知があったので何気にクリック(バックアップせず)
そういうときに限って(というアルアルな気持ち)更新が途中でエラー吐いて止まる。

サイトは真っ白け。管理画面にも入れない。24時間サイトは表示できていませんでした。悪しからず。
エラーログ見ると、
PHP Fatal error: Cannot redeclare preview_theme()
\wp-includes\の中身がおかしいらしい。最新のWordpress4.3.1をダウンロードしておき
FTPにて手動更新。
サイトは表示された。(やったー)

でも管理画面のダッシュボードの「更新」を開こうとすると内部エラー500!
投稿の編集を見ようとすると件名しか見えない!
ドツボ(ひさびさに使った)
でもFTPであれこれするうちに、その「更新」が開いた。ここで再インストールをクリック。
無事「更新」も開いた。投稿編集もできる。
バックアーップ!と叫ぶ。(他でやることあるのに。忙しいのに。やれやれでした。)

ブログサイト外観変更

WordPress標準のテーマにしておくとセキュリティ上いいことあるという記事多数目にしていたので年末に変更しました。なおかつ常にWordPressの最新バージョンを使うという事がセキュリティ上大事。(このへんの言い回し難しい)

ついでにスパムコメント防止用プラグイン「SI CAPTCHA Anti-Spam」で管理画面にも絵文字のガードがかけることができるというのも見て「ログイン時・・・」もチェックON。
いったんログアウトし、いざログイン。
「エラー: Unreadable CAPTCHA token file」・・・・

 

やってしまった。管理画面にログインできない。

しかしネットの皆様ありがとうございます。
レンサバに入ってフォルダリネームして無事ログイン。
※パーミッション変更では無力でした。

WordPressのバージョンアップ

2014年02月05日
Wordpressってホムペ作るにはベストとだと思いますが、更新が多いですねー。
WordPressそのもののバージョンアップやプラグインの更新。
管理画面開く都度、なにがしかの更新通知が来てる。(・・・感じがする)
ワンタッチで更新ができます。慣れてくると「バックアップせずともいいっか」と
思ったりしますが。そんなときに不幸は起きます。(完全独り言)

そうそうWordPress3.8.1が出てました。(バックアップしてから更新・・と)